Invenの sanctucsさんの文を翻訳しました​

 

0. 戦略的なプレーとは?

 

LOLで一定水準に到達すれば、勝つために戦略的なプレーがかならず必要です

戦略的なプレーがなんですかって言われても

正確に返事することは難しいですが簡単にいえば

戦略的なプレーとは'状況判断能力'です

 

戦略的なプレーについて書くのが非常に難しいのはこのような理由です

毎状況ごとに対処しなければならないが、その数があまりにも多くて

同じ状況が完璧に存在する可能性もあるが、とても薄いです

 

Tierが高い人ほどたくさんの状況を何度も経験して少しずつ経験が蓄積されて上がるのです

結局、この戦略的なプレーというものは'経験の蓄積'を通じて培われた'状況判断能力'です

要約すれば、戦略的なプレーには経験がたくさん必要です

なぜこのような文を書くのか疑問な人もいるだろうと思います

ここで私がこの文を書くことになったきっかけが出ます

私は外国サーバーでゲームをたくさんプレーするが…

韓国サーバーに比べて戦略的なプレーが足りません、本当に。

韓国人より言ってることももよく聞くし、やる気もあるんですが、状況判断は本当に不足です

なぜそうなるのかを話してみたら、友達が本当に正確に言ってあげたことがあります

'経験がすくないから、戦略的なプレーを知らない'

そうです

韓国のNoobはLv5からEUメタに合わせてKillをねらいずつ序盤戦もWardをしながら

本当にゲームに勝つためのプレーをします(ある意味でつまらないゲームをやります)

それにくらべて、外国はそんなのと関係なく、ただ楽しくゲームをしていたが、ある程度Tierが少し上がった時から勝つためにゲームします

とにかくその言葉を聞いて戦略的なプレーについて少しずつ考えたら、いつのまにかこの文を書いていました

 

この文は、戦略的プレー方法についてほとんど百科事典級にすべての例示を扱うように努力はしますがもちろん皆の扱うことができないでしょう...

 

それにもかかわらず、一度も戦略的なプレーを経験しなかった方々に少しでも役立つことができるように

ほとんどの有名な例示は可能な理解しやすい資料とともにいたします

 

それでは本題に入ります。

戦略的なプレーは結局、'経験の蓄積'を通じて培われた'状況判断能力'の総体です

経験が最も重要なので経験をするためには一応やってみなければならないし、その状況に行ってみなければならないだから

可能なかぎり少しずつ実践してみてください

 

 

ㅡㅡㅡㅡㅡㅡㅡㅡㅡㅡㅡㅡㅡㅡㅡㅡㅡㅡㅡㅡㅡㅡㅡㅡㅡㅡㅡㅡㅡㅡㅡㅡㅡㅡㅡㅡㅡㅡㅡㅡㅡㅡㅡㅡㅡ

 

 

1.全Lane共通の戦略的なプレー

 

(1)ハラス(お互いDealを交換すること)

Lane戦のポイントは、やはりハラスです

ハラスを放棄してFarmしようとすればすることはできるが、ハラスはいつかはかならず必要になります

ハラスの種類は大きく3つです

 

(a)一方的なハラス

 

(b)対等なハラス交換

 

(c)特定レベルを待つハラス

 

などがあります

この全ては、各チャンプによって違います

各チャンピオン別使い方はそのチャンピオンの職人(一つのチャンピオンをすごく上手に扱う人を'職人'とします、普通Rankで100ゲーム以上プレイした人を意味します)の方がいいBuildをすでにたくさん書いておきたので

上手い人のBuildを少しだけ見たら簡単に捜せると思います

少し説明して見れば

 

(a)一方的なハラスの場合

 

その通り一方的に一人で殴るハラスです

代表的で例えばLv6前のShyvana vs Nidaleeがあります

この場合、ShyvanaはJunglerが来る前まで消極的にプレーしなければならないが、これは基本的に

遠距離vs近距離チャンピオンだからです

また他の例で

Darius vs 近接チャンプの場合があります

この場合は、お互いにディル交をしようとしても、Dariusが圧倒的なDealingでハラスで利益を得る場合です

同様にお互いにハラス交換をする場合、自分の被害が大きかったら、それは一方的なハラスを受けたって言えます

 

(b)対等なハラス交換

 

お互いの実力によって変わるいわゆる'技量の差'話です。

少し曖昧な例ですが

MidでRyze vs Syndraは普通Syndraが優位を持ちます

Lv5までSyndraが普通ハラスの優位権を持つので

Lv6にもSyndraがバーストDamageが強いから、通常Ryzeが消極的にプレーしなければなりません

ここでもしこのチャンピオンをプレーする人が

RyzeがFakerとSyndraはダイヤ下位圏だとすれば

対等なハラス交換だけでなく、Ryzeが一方的なハラス交換をすることもできます

これが'技量の差'です

チャンピオン相性上お互いに似たり寄ったりか、片方がやや負けるる場合

ちょっと厳しいけどどうにかうでで同様に作ることができる場合

この場合が、対等なハラス交換です

 

(c)特定レベルを待つハラス

 

このハラスの場合は普通に序盤に属します

このハラスは一言で'チャンピオンが最も強くなるタイミング'を正確に計算していなければなりません

代表的な例を挙げれば

IreliaのLv4、5とかRenektonのLv2、3程度がいます

IreliaとRyzeの例示を見ますね

IreliaはWのような、相手にTrue Damage(防御力を無視するDeal)を与えることができるのでハラスをした場合、相当痛いです

また、相手が遠距離チャンピオンでもQ、Eを通じてGank呼応も可能で強いハラスをかけることもできます

 

じゃ、この場合、Ryzeはどのようにすればいいでしょうか?

Lv1からぶん殴りますが正解です。これはほぼ定石的だと見てもいいです

Ryzeが相手と同様にLv4、5になるとIreliaだけに、Dealingすることはきついです。そうするにはIreliaがとても痛いんですよ

それでは何をすべきだろうか

自分がIreliaよりはるかに強いLv1、2でぶん殴ります

Qa Qa Qa QWa QWaしながら(aは基本攻撃を意味する)

相手が攻撃をできないようにHPを減らします

実際にRyzeはLv1、2ハラスからその後の主導権が変わります

このように各チャンピオンが最も強いタイミングというものが存在するからこれを聞いておいてください。

 

経験を通じて'あ~私がこのタイミングでこんなふうにすると強かったよ'という結論も出ているが、

その経験が多く蓄積されれば、'あ~相手があんなItemにあんなチャンピオンだったら私がこのタイミングにもっと強いね'する判断もできるし

実際に経験してみなかったとしても、チャンピオンの攻略掲示板の様々な職人たちがハラスのTipとか特定のチャンピオン相手にする

方法をすべて書いておき、映像も掲載されているんですから

本人がこんな形で直接プレーしなくても、経験できる方法もあるから

うまく活用していただければ良いと思います。 

 

 
 

(2)視野掌握
 

 i0666506593

 

Mapに落書きのように赤色緑色で色付けされている部分がLane戦~Dragon争奪戦までつまりゲーム始まって20分までのWardがあったらいい場所です

ちょっと多いんでしょう?w

このWardたちはチームのみんながADC、TopすることなくWardしなければならない場所です

もちろん、Tierが上がれば上がるほど普通自らしますが、一応このWarding spotついてに簡単に説明します

 

Top、中央からBot中央まで流れる川を'川辺'と呼ぶとすれば

Topの川辺Bushと三叉路Bushの場合

基本的にGankの防止が目的です

もし自分が青チーム(下)の場合、LineをPushする時に

2つ全部Wardして、川辺BushにはPink Wardを維持して

もし自分がLineをPullingする時はDiveを備えてwightの方三叉路BushにWardingして

反対チームの場合は本人が三叉路BushにPink Wardを維持する方がいいです

 

Pink Wardがなぜ重要なのか

一応Lane戦段階で相手がRecallする前まではかなりうざい存在です。5回殴らないと割れないから

本人がRenekton、ShyvanaのようにSkillで壊す方法があるとしてもPinkWardを壊しに行くことはRiskが高いんです

Pinkwardがあれば相手のJunglerもGank来た時にPinkWardを消しますので一度Gank防止もできるし、同時に相手のJunglerの位置を知ることができます

それに

自分が相手より優位ならPinkWardを維持してWardを買わなくてもいいです

 

Midの場合

普通はTopの方の川辺のBushにPinkWardを維持してあげたほうが良いです

相手Jungle Campの方のBushにPinkWardを維持するのは本当にきついからやめた方がいいです。

その他には相手Wraith Camp or青Camp入るのBushにWardしたら

CounterJungleに来ることもある程度防止になるし、Gank防止もできます

それといざとなればDirty Farming(自分のCS全部食べてJungleCampまで食べること)する相手Midもつかむことができます

Junglerはできるかぎり初めてRecallしたタイミングに必ずPink Ward1つくらいは買ってMidでBot行く方の川辺Bushに Wardしてください(紫チームの場合は逆)

あそこのPink Wardは一応相手MidのRoaming(Jungler以外のやつが他のLaneに支援すること)を1次的に防ぐ方法になりますから後半戦がない以上、必ず維持されなければなりません

また、一般的な場合、相手のJunglerがMidにGank来るかどうかもある程度 事前に知ることができます

Dragonの方もある程度見えるので、その所にも気を使うこともできるし

もし相手がそのPinkWardを壊すとき、近くに本人があれば、Midと一緒に相手を切る(韓国用語で一人でうろうろしてる奴を殺すこと)こともできます

 

 

BotのWardする方法はTopとほぼ同じます。

ここでTopとBotが両方とも気を使わなければならないのが、トンネルGank(LineがPushされた時Topは上のBush、Botは下のBushにこっそり入ってLineがPullingされた時Gankすること)です。

Botが相手と実力の差が大きいなら、生きることもできますが

Topは、大半が膨大な損害を受けます。

だから、端BushにWardを推奨します。

BotはBushが2つで、Wardする人も2人だが

TopはWardする人も一人でたまにJunglerにしてほしいと要求するしかないから

よく選択しなければなりません。

最も判断しやすいのは

'私よりハラス交換が優位にあるとか、私と対等なハラス交換ができるやつが敵Junglerが見えない時、突然Lineを Pullingしている?'

これは100パーセントトンネルGankです

 

そしてまた絵を見ると

Wraith Campに入るBushの方にWardingしろって表示されているが

あれはJunglerのためにするWardです

特に逆Gankに強い、Lv6になるとさらに強力になるJunglerの場合です

代表的な例示ではNocturn、Master Yiがあります。

あそことWolf Camp or 青CampとWolf Campの間に一つWardしたら相手のJunglerの動きを把握可能になって敵Junglerについて行て逆Gankを投じて利益を得ることができます

どういう意味かというと敵J​ungleにWardが一つもない場合'Top、Mid、Bot'中どこに行くか?がなるが

もしWardを通じて、敵がWolfを食べるのを見たら

'あMid、Topのうち、どこに行くか、'になります。

 

ここでSolo LanerのWardに敵Jungleがもう一度見えれば'あ、これはTopにGankだね'と

逆Gankをして相手JunglerとTopを同時に辛くすることもできます

これは、逆Gankに強いNocturn、Master Yiだけでなく、

一般的なJunglerらにもいいです

自分が相手Junglerと1:1をしても構わないだor相手BackUpよりも、BackUpが早いor 

相手のBackUpが来ても、私が安全に逃げられるor相手がいまこっちに100%ない

の場合にはWardingしにいきましょう本当に大きく利益を得ることができます

視野掌握はこの次の話であるTrinketの選択でつずきます。

 

(3)Trinketの選択

 

Trinketを選択するにあってほとんどの場合、全て黄色Trinket、つまり Warding Totemで始めます。

 

これは異論がないと思います序盤にだった1分だってもWardを持って始めて得る利益は莫大ですからです

Proの場合、普通このTrinketが極後半行ったらADC除いてすべて赤Trinket、Sweeping Lensに変わります

 

では、これをいつ変えれば良いでしょうか

各Laneごとに異なるが正解は'本人のTierのWarding状況によって流動的に選択してください'です

Lensに変えても相手がWardingしないなら意味がないし、使わないなら変える意味がありませんLensに変えるタイミングはこうです

 

Topの場合、Dragon争奪戦始める1分前、すなわち最初Recallした 時or2番目のRecallした時Core Item1個がほぼ完成されたり、完成が終わった後にMidの場合、Recall後にCore Itemの下位Itemを買った状態で Wardを1、2個もって、Lv6になった時

Junglerの場合、Recall後Spirit Stone or Madred's Razorsを 買ってPinkWard + 1 Potionを買うお金が残る場合

Supportの場合、例外なくSightstoneを買った後が一番いいです。

 

もっと良いタイミングがあるかもしりませんが、これが一番定石的です

普通前提条件はすべて'自分がWardを沢山できる場合'が付きますJunglerの場合、もし本人がひどく負けて、Counter Jungleを継続的にされるなら、2番目のRecallするとき変えた方がいい選択になります

Topの場合、Dragon争奪戦の時も本人が合流して視野の掌握に役にたたない場合、Warding Totemがいいです

MidもLv6になってもRoaming行く状況にならなかったり、Lane戦が難しいなら、Warding TotemでCore Itemを、もっと早く買うのがいいです

 

このように上の場合は定石的なタイミングだが、皆さんが状況を見て

ある程度の流動性があるように調整しなければなりません

最後でWardはLaneやチャンプ制限なく誰でも買うのができるからぜひ買ってください

 

(4)Laneの管理

 

文字どおり、Laneをどう管理すればいいのかなについて話します

'JunglerだからLaneに行かないからどうでもいい'ような考えはしてはいけません

LOLでは一般的にMinionて言うやつらを殺すことお通じてお金をかせぎます

このMinionてちをどう管理するのかによって大きな差があります。

 

これはProのゲームにもよく使います

最近ProのゲームでLane Swopするとき、昔BulldozerメタのようにTurretをはやく破壊することじゃなく、お互いにADCが成長する時間を持つためにLaneのMinionを最大限っくり食べながら

相手TopもうちのTopもお互いにバカにしてしまうのが代表的なLane戦です。

 

特にProではなく、一般的な場合にもLaneの管理ができます。

ただし、ここでCheckPointは皆さんが状況によって違うよう行動をしなければなりません。

LaneをHoldingしたり、相手をDneyingしてCSを30個以上の差を作るのも事実ですが、

1LaneでけHoldingする方法もあるし、いろいろの方法があります。

 

Laneを変態のように10分以上Holdingすることはバカらしいことです

Tank Minionまで含めて1分ほどでHoldingした後、リセットして再びHoldingするのが一般的です。

一応Lane管理の基本3つである
 

(a)Pulling
 

(b)Holding(Freezing)
 

(c)Pushing 
 

を説明します

Pullingは文字通りLaneを引っ張るのです。

これは簡単なことです

相手が私よりMinionをもっとたくさん殴ったらできます。

ここでCheckPointはLaneを'引っ張る'ことで'押される'ことじゃないんです。

生半可なPullingでこれがたくさん見えるが…

自分がMinionにわざわざあたってくれる同時にTurretがMinionを殴るのはPullingではなく相手がPushingすることになります

いったんPullingをすればHoldingをするのが楽で、Gankの危険にもある程度脱しことができるですが

味方JunglerのGankが来た場合、それに似き合った後csも失ってハラス交換も大きく損をすることができます

序盤のMinionはすごく痛いからよく選択しましょう。

Pullingを推薦する場合は 

a)自分がNasusだ 

b)味方JunglerがTopに来ないそうし、自分が相手に負けている

c)相手JunglerがGank来たようだ

この3つが代表的です。

 

 

2番は最も核心的なHoldingです。

よく言われるLane FreezingがこのHoldingです

Holdingの後にはDneyingも可能です。

Holdingの最大の核心は、'MinionがTurretに攻撃されないように維持する''相手遠距離 MinionがうちのMinionより3~4個多くなければならない'です。

Tank Minionまで含めてHoldingするためには、普通TankMinion=遠距離Minion 2頭に判断します

このLane Freezing+Dneyingがどんなものか簡単に見えますと

Malp vs Vlad Lane戦のScreen Shotです

 

 

Malp_vs_Vlad1

Malp_vs_Vlad2

 

 

右上の時計を見れば分かるが、1分が過ぎてもLaneがそのまま止まっています

この場合Malpは極限の苦痛を味わうことになります

Minionを食べたいが近づくと殴られて痛いし、Junglerを呼んでも相手がVladで Minionが相手Turret

にもっと近いからできないし、Jungle Camp食べようとしても効率が悪いんです

このようにLane Freezingは相手をLOLを辞めて母の懐に抱かれて泣きたいようにすることができます

言葉どおりLaneを凍らせておいてそのままその場で止めておくのがLane Freezingです

このFreezingのテクニックというのが口にだすのは簡単ですがある程度経験が蓄積されなければなりません

基本は上にも言ったとおり相手遠距離Minionをいろんな方法で維持することです

また、もしFreezingがまだ下手なら広域技があるチャンプをするのがいいです

Pullingした時、最も大きな問題は本人が思ったのより相手Minionが多くなった時です

この場合に広域技を使えばMinionの数を調節しやすいから安定的なPullingが可能です

これがVladがLane Freezingの皇帝と呼ばれる理由です。

QでPokingしながらLane維持力も本当にいいけどLaneがPushinされたらEを使って逆にPushingしてMinionを管理しやすいからです

 

Freezingを語る時、忘ればならない話が'Dneying'です。

Dneyingは相手がMinionを触れることもできなくすることです。

このDneyingは普通ハラス交換の優位にいなければなりません。

Youtubeに掲載されたSamsung DeftのDneyingをちょっと見ましょう

 




1:30から2:20まで見てください

動画でご覧のとおりDeftのかわいいKogMawが優越したハラス交換を通じて相手を
'お前Minionを食べに来たら死ぬぞ。俺がお前を殺す。本当だ'ような感じで殴りながらMinionを 触れることもできなくして味方Junglerが来るのを見て3番目のLaneから急激にPushingし、DiveしやすくLaneを作ります

これが簡単で最も基本的なDneyingです

ハラスの優位を基に相手を威嚇してMinionを触れないようにした後、Big Waveを作って相手がTurretとMinion食べる競争するようにしてFarmすることを難しくする

ここでFreezingの実力がもっと増える場合

Lane Freezing+Dneying、つまり本人は楽にFarmしながら相手はFarmもできないようにすることができます

 

それでは最後で、Pushingとは?

言葉どおりLaneを押すことですがPushingにも当然、目的があります

Pushingの目的は大きく3つがあります
 

a)Lane戦で優位を持ってより大きな利益のために
 

b)Minion Laneのre-setのために
 

c)Agro(敵の視線を引くこと)を自分のLaneに引くために 
 

などがあります

 

a)の場合、代表的な例がCaitlynです

もちろん、CaitlynもFreezing+Dneyingを通じて利益を得ることが可能です

しかし、Caitlynは優越な射程距離持って牽制しやすいから同じチームのMinionを相手のTurretまで押し込んだ後、相手をTurret近くに縛って、ずっと 殴ったら相手はTurretの射程距離でMinionを食べなければならないからSkillを使わなければなりません

それによってMP損害を得て同時にCaitlynの牽制によってHPも損をします。

ある意味では、ハラス交換で負けたんです。

それで、全般的にBot LaneをCaitlynが自分かってにやれる主導権が生じます

これは代表的なa)の場合です。

 

b)の場合は本人がもしRecallしなければならないのにLaneがひどく押されている又はRecallして戻ってきた時Minionの損失を最小化したいときPushingすることがこれです

普通JunglerのGankを通じて相手を殺した後にLaneを一緒に押してほしいと要求する場合はこの場合で

MinionはNexusが破壊されていない以上、いつも両チームともに出て移動速度も同じですから各Laneにも同様に到着します。

そうだからもし自分のMinion全てを相手Turretが殺しておけば、戻ったときにMinion Laneが初めて始めた時のLaneと同じようになっていることを'Reset'ていいます

Resetは経験を通じて身につけるのが一番いいですけど、説明をますと

1)相手MinionがTurretに到着する前にうちのMinionが全滅しなければならない

->Big Waveの場合リセットをために何度のWaveがもっと必要になる場合がある

2)Tank Minionの場合、一般Minionよりはるかに固いので普通2Waveもっと必要だ

3)相手を殺した時、ラインが似ているか、うちのMinionが1、2個足りない場合 Recallしたほうがいい

->この場合、Recallして戻ると、逆にBig Waveが私に来るので普通はもっと良い場合です

4)相手RecallしたとむやみにLaneを押すといけません

3)の場合と同じ場合だが、ちょっとまちがったら、相手がFreezingとDneyingをする機会を与えるので

気おつけましょう

 

最後にc)の場合

普通Topでよく使います

Split Push(うまく育って、止めるに2人以上必要な時、一人でTopやBotをPushingすること、戦略的な目的を持ってやるならSplit Pushでなんの目的も無いままするならBackDoor)とほぼ同じです

Top LanerがもしPushingしてTop Turretを殴っていると大体のJunglerは'Gank行ける' て思って来ますもちろんTierによって違います'逆Gankされるかも'と考えるJunglerもありますが、'よし、1Killゲット'て考えるJunglerもあります

とにかく,こんなふうにTopに相手のAgroを引いた後、他のLaneを助けることです

例を挙げれば、Topに敵Junglerが来たからBotでDragonを食べてもいいんだし…Midは取れそうなのに相手のJunglerが気になって取れないのを敵Junglerの位置確認して取りに行ってもいいになることもできるし等々さまざまな利得を得ることができます

下位Tierの方がこれがどうして利益なのか分からない場合があるがJunglerが最も恐ろしいのがLane戦

段階では何でしょうか?

それはMapから見えないということです

Mapで、見えないから恐ろしいやつがMapに現れてどこにいるのかわかったのが利得の意味です

もちろん、この利得をどのように使用するかどうかは個人の力量によって違います

Top LanerもAgroを引いて死んだらいけません

相手が来ても逃げられるとか殺すのができるな感じの確信がなければなりません

 

まあ 大体書いたのでChapter1はここまでです

 

 

 

 

*まだ日本語は下手なので気になること or 漢字とか間違えった or 知らない単語がある > Commentしてください

*日本にはそんなBuildがあんまり無いだと聞いたんですが知りたいChampがあるならCommentしてください 韓国のBuildを翻訳してうpしてあげます

*聞きたいことがあるなら

  Skype : Xenonian2
ここでメッセージください