どのようなガイドを見ても、ほぼ例外なく登場するワード!
その分、ワードはゲームで最も重要な項目の一つです。
しかし、多くの方々が大したことではないと思ったり、その重要さは分かるが、ワード購入が習慣化されていない方が多いです。

低レート、またはノーマルの場合には視界戦も激しくないからワードを買ってもどこに刺したらいいのか学べない!という方々のために、ワードをどこに、なぜ置いたらいいのか!これから書いてみます!


#本格的に入る前に
○は赤、青チーム共通
○は赤チーム
○は青チーム
の場合のワードです。

1.トップのワード
 Top1
序盤のガンクに狙われやすいトップレーンです。
トップレーンは一回のガンク成功がレーンの成功まで繋がる男のレーンです。
トップは1対1でぶつかるレーンでもありますし、ほとんどのトップレーナー達が近接チャンプであるため、1キルで出来るアイテム差は持続的なゾーニングと牽制を可能にし、レーンの主導権をずっと持って相手のジャングラーの介入なしでは自力で復旧することがほぼ出来なくなります。
よって、序盤のワードが必ず必要なレーンです。 

-ワードの目的
①:自分が青チームの場合、レーンをプッシュする時に置く場所です。敵ジャングラーの立場ではジャングルをクリアしてトップに行ける最短ルートですので、味方のジャングラーが蟹を取ってくれたらここに刺すだけでガンクはほぼよけれます。もちろん蟹が取れてなかったら普通に川からガンク来たりしますので、ここに刺したとして完全に安心するのはNGです。
自分が赤チームの場合、ここを通じて後ろから来るガンクにとても弱いです。レーン戦を続ける限り常にワードがあったほうがいいですので、ここにはピンクワードをおすすめします。
②:2つの道を全部監視出来ますので余裕がある時に刺しときましょう。ガンク対策ためだけではなく、ガンクの後、敵ジャングラーがどこに行くのかまで見ることが出来ますのでチーム戦略的な価値が高いワードスポットです。
1
参考
③:自分が青チームの場合、ダイブを防ぐためのワードスポットです。いきなり敵がガンプッシュしたり、動きが怪しいと思ったら十中八九の敵ジャングラーはここからのダイブを狙ってます。
自分が赤チームの場合、レーンをガン押してる時に置く場所です。相手レーナー・ジャングラーのCCが強い場合や自分がレーン戦で負けてるのに敵が自分のタワー前でレーンをフリーズしてる時には出来るだけ刺したほうがいいです。①と②のワードを基本に、追加に刺すスポットですので①と②にワードを刺してなかったらそっちを優先的に刺しましょう。
④:自分が赤チームの場合刺したらいいスポット2です。あそこに刺すだけで蛙と青バフを同時に見張ることが出来るようになります。特に相手がステルスジャングラー(shaco/evelynn)の場合は深めに刺して先に来るか来ないかを確認出来ます。
⑤:自分が青チームの場合刺したらいいスポットです。赤バフのブッシュの果やそのよこのブッシュでもいいです。④と同じくあくまで敵の動きを事前に把握するためのワードです。