6
7
8
9
10
そしてその先には絶望だった